ad

サスティナブルコーヒー

 

サスティナブルコーヒーとは

生産者や環境に対しても配慮していかねば、おいしいコーヒーを飲み続けることはできない

サスティナブルコーヒーとは、生産者が安心してコーヒーを作り、
消費者は正当な対価を支払うことで安定してコーヒーを飲める環境を作るとい考え方を指す。

コーヒーは、アラビカ種はニューヨーク、カネフォーラ種はロンドンの相場で価格が変動する。

ブラジルに霜が降りたり、気象変動で不作になると価格が暴騰したり、逆に生産量が増えすぎれば価格が暴落する。

さらに最近では、ファンドマネーの流入により価格の変動幅が大きくなりつつある。

しかし、価格の変動は、生産者及び消費者にとっても好ましいものではなく、
安定的にコーヒーが生産されていくことが重要である。

高品質のコーヒーを持続して作るには生産者の生活の安定や、環境の保全が必要という価値観が生まれ、それがスペシャルティコーヒーにおける大きなテーマとな最り、サスティナビリティ(持続可能性)という概念が広まってきた。

現在欧米を中心としたさまざまなNGOがトレサビリティ、生物多様性の保全、農園労働者の人権保護などの観点から技術指導などを行い、基準を作り、それをクリアした農園や農協に認証を与える活動を展開している。

有機コーヒー、フェアトレード認証コーヒー(バードフレンドリー、レインフォレストアライアンス、グッドインサイドなど)の3が大きな流れを生み出した。

これらのコーヒーの一部は信頼性を保証するために第三者による認証制度が確立している。

2000年以降SCAAでは、サスティナビリティを重要な概念としてその啓蒙に勤めており、SCAJでは、2005年にサスティナブル、認証コーヒー委員会を設置した。

SCAJは2009年にスペシャルティコーヒーの定義の中に「生産国から消費国にいたるコヒー産業全体の永続的発展に寄与するものとし、スペシャルティコーヒーの要件としてサスティナビリティとトレサビリティに概念は重要なものけ加えた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。