ad

有機コーヒー

 

有機コーヒーとは

農薬などを使用しないコーヒーは消費者に安心をもたらす。

従来のコーヒー生産で使用されていた農薬や合成物質、汚泥を含む肥料を使用せず、良質の土壌の中で生産されたコーヒーを有機コーヒーという。

多くは日陰作物を栽培して堆肥を使用し、マルチングを施して益虫を導入している。

このような取り組みは周辺ので環境を保全し、生物多様性に役立つと考えられている。

2008年のSCAJの展示会での講演にて、当時のSCAA会長であるマーク・インマン氏は有機農業について次のように講義した。

「有機農業とは、合成投下物(除草剤殺虫剤、殺菌剤、肥料)を使用しない、土壌の生産力を積極的に構築し、生態系における生物多様性の増大に寄与する農業とし、有機農産物とは第三者の認定を受けたもの」で、

「2007年の有機コーヒー市場は57万500袋を販売。2000年以降有機コーヒー市場は約32%で成長している。米国のフェアトレードコーヒーの60%は有機認証である」。

そして「有機ラベルのついている商品は健康的で高品質だと、アメリカの消費者はとらえている」と結んだ。

JAS法に基づく「有機」表示

日本ではJAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)に基づいて、生産者や製造者などが農作物や農産物加工食品に「有機」と表示するためには第三者機関による認定をうけなけならない。

農水省が認定した国内外の期間に申請して検査を受け、最初の収穫までの3年以上、化学肥料や農薬を使用していないことなど
が認定条件として定められている。

有機表示をするためには生産者、輸入業者、ロースターなどの製造者が認定を受ける必要があり、表示販売するにはロースターも小売店もJASの認定が必要になる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。