ad

コナコーヒーにまつわるアトラクション

   2014/08/26

ドトール・マウカ・メドウズ・コーヒー農園(Doutor Mauka Meadows)

ドトールは、コーヒーが喫茶店で500円という時代に、安くておいしいコーヒーを日本中に広めました。

カイルア・コナを一望するフアラライ山の中腹にそのドトールの自家農園があります。

コナのコーヒー農園の中でも最大規模という168エーカー(約68万㎡)の敷地を有し、美味しいコナ・コーヒーを日本に届けています。

その広大な農園の一部は、2002年から観光コーヒー農園として一般公開されるようになった。

 

園内はさまざまな植物が咲き乱れる美しい庭園になっています。

一般道に面した駐車場に車をおき、改めてメインゲートから徒歩で入場すると、出迎えてくれるのはブーゲンビリアやジンジャーなどトロピカルな花々。

その先にはハワイで育つフルーツの樹が30種以上植えられたフルーツガーデンになっています。

バナナの花やパパイヤ、ライチ、マンゴー、マカデミアナッツなどの実が間近に見られ、その場でテイスティングもさせてもらえます。

もちろんコーヒーの畑も見学でき、春には可憐な白い花、収穫期には赤く色づいたコーヒーの実を目にすることができます。

またコーヒー豆の直売ショップでは、ガゼボで涼みながらコーヒーの試飲ができたり、冷たい飲み物が無料で出されたりと、さり気ないサービスがうれしい。

庭園の奥には眺めのいいバーベキューピクニックも楽しめる。

人気を呼んでいるのがコーヒーの植樹。$80で自分の名前の付いたコーヒーの若木を植樹でき、ハワイ島に訪ねたときには、自分の木から収穫も可能です。自分の手で植えたコーヒーは格別に美味しいに違いません!

園内のどこからも真っ青な海が望め、時間があるならぜひ1日のんびりと過ごしたい観光農園です。

空港から約20分m車がない場合は、タクシーだと$25ぐらいです!

 UCCコーヒー・ファクトリー&アウトレット(UCC Coffee Factory & Outlet)

カイルア・コナの山手に、32エーカー(約13万㎡)を超える広大な敷地と2万本のコーヒーの農園をもつ

UCC上島コーヒー。

厳密な品質管理のもと、コナコーヒーの中でも特に品質の高い豆を作り出しています。さらに、この豆をローストするファクトリーと直売するアウトレットショップもあり、一般に公開されています。

ここには、日本人ゲストサービスが常駐、ローストの様子や、製造過程のツアーをしてくれます(無料、所要時間は30分から1時間)。

予約をすれば農園見学も可能です。販売しているコナコーヒーは、ハワイはおろか日本でも直営店でしか入手できないものです。足を延ばしてでも買いに行く価値はあります。そのほか、コーヒーでそめたオリジナルTシャツなどのギフトも扱ってます。

焙煎体験ツアー

UCCでは自分で焙煎したコナコーヒーを写真入りの袋に入れて持ち帰れるうれしい特典がついてます。

ハワイでもここだけのツアーを行ってます。

まず、パッケージ用の写真撮影、そしてコーヒー豆と焙煎に関する簡単なレクチャーを受けます。その後、入手困難といわれる小型ロースターを使い焙煎開始。取りだすタイミングや冷却など、重要な点はスタッフが的確にアドバイスしてくれるので安心です。

ハネムーン用の特別ラベルもあるし、すでに袋詰めされたフレッシュコーヒーに自分のラベルを貼ることも可能ですので、贈り物など量がまとまるときには事前に相談しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。