ad

コーヒーのさまざまな乾燥方法

 

コーヒーの乾燥方法について

コーヒー乾燥方法 天日乾燥

精製されたコーヒーはパーチメントを12%程度の水分値に乾燥させ、保管できる状態にします。乾燥方法はいくつか種類があるのでご紹介します。

天日乾燥 ~水分値に注意が必要~

標高、気温、湿度、日射量などの自然環境に影響されるため、乾燥日数は気象条件及び生産地で異なります。水分計で水分値を計りつつ、通常4~10日程度の日数をかけて乾燥させる。早すぎる乾燥は生豆の鮮度劣化をまねくので、乾燥日数などの最終仕上げには熟練を要します。

きちんと天日乾燥された豆は、深いグリーンで香味に濁りが少なくなります。

小農家などは乾燥場を持たないため、ビニールシートなどを敷いて乾燥させます。

ドライヤー乾燥 ~天日乾燥との併用も多い~

パティオが小さく天日乾燥の時間がかけられない場合や、大量生産などの場合は、ドライヤーを使用して乾燥させます。

ドライヤー乾燥は、温度が重要となり、高温短時間より低温長時間のほうが高品質となります。

また、一日天日で乾燥させ、その後ドライヤーで乾燥させるなど併用することも多いです。

棚乾燥 ~均一な乾燥が可能~

網を張った棚の上で乾燥させることを棚乾燥といいます。棚の下からも空気があたるので、均一に乾燥させることができます。

平らな乾燥場(パティオ)が少ないアフリカで多用されるため、アフリカベットとも呼ばれます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。